11月末日・衣類もヒーターも冬らしくなり

11月は中旬から気温が徐々に低くなって末日も寒い感覚、室内でも出かけるのでも身支度はすっかり冬スタイルです。
最高気温と低いという気温が一ケタになると季節は冬、11月は暖かい日もあったし、紅葉も見頃という時期だから晩秋という感じでした。

師走の12月は年越し、年末時期だから本格的な冬という季節になるし、11月中旬ころから暖房ヒーター使用の時間が長くなっています。
衣類の面では冬仕様のニットとかフリースが日常着、部屋着としてはカジュアル・ショップの裏起毛パンツが定番です。

全体的なスタイルとしたら冬向きのスカートが好みですが、身体を温めるという健康を考えるとパンツ・スタイルですね。
見た目としてはスカートのほうが女性らしいという感じだし、気分としても軽やかですが、冬寒さすごしながらではパンツで温まって掃除や洗濯がいい。

それに足元まできちんと履いていると肌感覚はほかほかするし、冬ヒーターを省エネできますね、スカートとパンツでは体感温度に結構な差があります。
冬は長いから数か月という期間で考えても節電の幅は大きい、電気消費は夏より冬シーズンに多く使用するので、省エネと生活面は衣類で温まることから考えるのがベスト。こちらもどうぞ⇒導リメイクアップブラ 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です